teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


シーボルトは、ただの医者ではなかった。

 投稿者:ねこ  投稿日:2013年10月31日(木)14時21分31秒
返信・引用
  シーボルトは、ただの医者ではなかった。

http://book.geocities.jp/japan_conspiracy/0202/p001.html#page110

日本の陰謀の中枢を占める重要人物であった可能性は高い。

その子孫は、日本の上流階級を占めている。

(仮説を含む)

( http://book.geocities.jp/japan_conspiracy/0202/p004.html )

( http://park.geocities.jp/jpcdebate/0103/p034.html )
 
 

Re: (無題)

 投稿者:ぐれ  投稿日:2010年12月 5日(日)23時29分7秒
返信・引用
  > No.1750[元記事へ]

おさと~ ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪サンキュ
こんなに大きくなりましたw( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

http://grecafe.net

 

(無題)

 投稿者:おさと  投稿日:2010年12月 5日(日)22時38分26秒
返信・引用
  ぐれ様 お誕生日 (▼▼メ)/●~*【おめでとぉ】*~●\(▼▼メ)  

Re: いや~長文でスミマセンね~

 投稿者:ぐれ  投稿日:2010年10月16日(土)00時21分44秒
返信・引用
  > No.1748[元記事へ]

なるほど~( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

ぐれはここ数年の間に身近にいろいろあって、そのお陰でというか産物というかハッキリではないけど分かるようになってしまった。
自分には絶対霊感とかそういうのは無いって思ってたんだけど…^ ^;
あ、でも母とか妹とかに元々そういう力があったからやはり素質はあったのかもだけど。
随分気のせいにしてたけど、他の人と同時に視えたり同じものがやってきたりすると気のせいだけでは片付けられないものがあって、分かるものは仕方ないと自然と受け容れてきてるかな。
それとなんだかあえて周囲の人にそれを言うことも減ったかも…^ ^;
忘れてるというのもあるけどね(-m-)ぷぷっ

視えたり聴こえたりする人って結構多いのかも。
あと視えててもあまりにも自然なためにそれと分からないものもあると思うから、気づかないだけで誰も視えてるのかもねw

http://grecafe.net

 

いや~長文でスミマセンね~

 投稿者:うさ  投稿日:2010年10月10日(日)18時06分52秒
返信・引用
  > No.1747[元記事へ]

うさのルーツからして宗教上の拘りはあまりないらしいー。母方の先祖は伊勢の藤原氏のお武家さんなので最初は神道に関係してたろうに、庶民の宗派と言われた浄土真宗が宗派なので途中で改宗したんだろうねぇ。
うさ母の実家は母が結婚前に没落しちゃったけど昔はかなりの規模の大地主だったの。100年も前の入植時に伊勢から持ってきた大きな金ぴかのお仏壇と先祖の位牌があったり、うさの小さい頃までは立派な作りの屋敷や庭が残ってたんだけど、そこの庭にお稲荷さんのお宮もあったんよ(今は伯父の引越し先に移築)。母が子供の頃に亡くなった大伯父は和歌山のお稲荷さんの神社を誰かから継いだ神主で妻帯せず、高齢の為北海道に戻る事になっても神社を任せる人が地元にいなかったらしく、ご神体の他石灯籠(安政二年奉納って書いてある)まで持ってこっちに帰り、中でお参りができる作りの一坪くらいの小さなお宮を建てたの。お稲荷さんってのは仏教では禅宗系列になるんよ。先祖代々浄土真宗信者の普通の家の庭に、流石に鳥居まではないもののご神体と神主の霊が合祀されてるお宮と、奉納された石灯籠まであるというのはきっと本州では有り得ないだろうね。
家での信仰は仏教だけど農家が地域のお稲荷さんの祠を守ってたり、家の仏壇の他に商売繁盛祈願にと店に神棚を設けてお札やおキツネ様を祀ってるという商売人はいるけど、大伯父自身が神社の元神主だったからお稲荷さんだけが信仰してる宗教でしょ?そうなるとお宮自体が仏教でいう仏壇にあたるし、家族だからと言っても本人の信心に反して先祖の宗派のお墓に入れる事もできないんで、大伯父さんを祀る(っていうのかな?)為にと、お稲荷さんとは関係ない宗派の家なのにお宮はずっと残さなければならないわけ。

まーた、北海道は明治期から沢山の宗教が入ってきてるので宗教への考え方もおおらかだから~。キリスト教信者が開拓団を作って大勢入植して開墾したり、いろんな宗教の宣教師が昔から今でも沢山来て布教してるからねぇ。
仏教徒でも各家庭には神棚が祀られてるし(若い人の世帯はやらなくなったね~)、特にこの地域は農業で栄えたので収穫関係の祈願は神社さんの管轄でしょ?昔から生活の一部で特にこの地区は宗教が神道系じゃ無くても、神棚がある家には年が明けると神主さんが順々に家を回って祝詞をあげてくれるの。うさん家は、舅が亡くなるまで神社の総代だったのと、決定的なのが国道挟んでうちの真ん前が神社の敷地w。今の神主さんは地元神主の地筋が絶えた代わりに大きな神社から来た人で、こちらへの縁が無かった家族なので普段から気楽にご近所付き合いしてるの~。ちなみに神道は八百万の神を束ねてるので、お稲荷さんの神主が近くにいない今は神道の神社さんへお願いするの。母の実家は同じ町の別地区なので、お宮を改築した時に来てくれた神主さんが「あれ?うちの前の奥さんが如何して此処にいるのさ?」「ここ母の実家なんです~」とw

ここらは代々の本家が改宗するのは無理だけど、仏壇の無い分家はまだ信心がなくて違う土地に移ると違う宗教・宗派になるというのが多いみたい。本家側も、流石に親族まで勧誘されちゃうと揉めるけど、それが無いならよほど評判の悪い宗派じゃ無いのなら容認して普通に親戚づきあいもしてるし。北海道に住み付いた漁師では本州の親族とは縁を切ったから家の家紋も宗派も知らん。という人が結構多いよ。
うさはUターン結婚で旦那の家と、うさの実家の本家の宗派もお寺も同じ。舅姑の墓・仏壇持ちなので家の宗派を信心してるけど、個人的な気持ちは仏様への信心と言うよりはご先祖様をご供養してるって感じかな。本当はお寺の行事での出仕も出ないといけないんだけど、喘息持ち+体力無しなので(喘息持ちにはお寺のお香の刺激や屋外の寒さが辛いんよ~)今のとこ大目に見てもらってるー。
うさも育ち方からして宗教・宗派の違いでの拘りはほとんどないなー。なんせ、3歳下の弟の誕生時、少し距離があるけど連れてけば数時間は預かって貰えるという親の都合だけで当時その辺では誰も行かせて貰ってない幼稚園、しかもカトリックの所に年子の姉を差し置いてうさだけが通わせられてねぇ。しかも次の年親が転勤した先でも家から100メートル先の一人で通える距離(少し離れた所にはちゃんとお寺経営の幼稚園もあった)にあるからと同系列のカトリック幼稚園に通わせるって。どちらの幼稚園もヨーロッパ出身の神父様だったけど(園児を教えるのは日本人シスターと幼稚園教諭)親は全然気にしなかったみたい。

昔の看護師の仕事柄、患者さんは皆分け隔てなく接してきたのもあるのかな。古くからの港町で港近くの繁華街の中に建っているという立地条件の環境で、いろんな人種(昔からのロシア船の寄港地なのでロシア系のお年寄りとかその子孫、アイヌ民族系の方、戦時中にロシアとの国境を行き来出来るからと日本のスパイ活動をさせられた為日本人と見なされ戦後は日本に強制移住させられた樺太の少数民族、日本人と結婚したルーマニア女性、出稼ぎのフィリピン人ダンサーなど)の患者さんや、いろんな職種の人が病院に毎日のように通って来てて、どこぞの会社の自称・社長とか(本当は専務なのをみんな知ってた)、刑務所の看守、今考えると仲良くても良いの?と思える警察官と検察官のコンビとか、引退した元893屋さんとか、気の荒い漁師さん、柄は悪いけど音は良い人などと当たり前のようにバカ話してたしー。あの職場で人間観察と話術に関しては、かなり鍛えられましたw(マッサージ主体の整形外科なので、オジサンの半ケツが見える腰を20分も揉んでる間、バカ話でもしながらじゃなきゃ場が持たないw)あの街はいろんな宗教や宗派の寺院・仏閣・教会が至る所にあってねぇ

基本的に、勧誘目的や宗派のデリケートな部分の話が無ければ(信者さんの信仰心は尊重してて、一通りの日本にある宗教・宗派の基本的な知識もちょっと齧ってみてる)、話相手の方も同じ考えの人であるのなら普通に付き合えちゃう。ただ、何人もいる場だと他の人の受け取り方が予想できなくて不快に思わせちゃう可能性もあるので複数の人の前では宗教や政治の話題は滅多に話題に出さないけどね~

あと、季節外れの「視た」話題は特別な意味はない~。うさからすると特別な出来事でも無くて「こんなの見かけたよー」的な感覚なのです。そーいや東西にーちゃんも職業柄結構不思議な体験してるねぇー。お庭仲間でもうさが「視える」の知ってる人は結構多いし。ま、うさの話は、怖いも類でもないし、いろんな人が出入りしてる場では相手の受け取り方で誤解を受けそうな部分は端折っちゃってるから。お庭で「蕎麦屋で視たお婆ちゃん」話をした時も「女装のお爺ちゃん」まで詳しく言っちゃえば如何にもイロもの・眉唾風に聞こえるから伏せたんだけど、他の人の反応も「お盆だから懐かしくて来たんだろうねぇ」って~
お盆時期に帰って来たアチラの方でも、さりげなーく視えてれば、その話を聞く方もほとんど抵抗なく受け入れられやすいんだろうね~
 

Re: おっ、ウサ姉ヽ(;▽;)ノおひさっ♪♪

 投稿者:ぐれ  投稿日:2010年10月 9日(土)01時01分44秒
返信・引用
  > No.1746[元記事へ]

うんうん、居る!と思ったらそれモロに実践してる、爆w

うちは宗教上家に神様を祀っているので毎朝、晩に参拝をするんだけども「ついて来た方、ぐれに憑いてても何も出来ないので、ここで降りて清まって成仏してください。」反対に「神様、よろしくお願いします。」みたいな感じで言うと楽になる。
こういう話ってあまり人に出来ないというか理解されないというか…
自分自身半信半疑な部分もあるけど事実は事実で仕方ない^ ^;

しかし、うさ姐とこの家系ってスゴイね。
知人で神懸りになった方がいるけど間近でいろいろ見たり聞いたりすると、TVでやってるのってまんざら番組作る為のヤラセではないんだなーと妙に感心するときあるよw

うさ姐、ひょっとして何か感じて最初の涼しくなる書き込みした?
友人とかそういう話今までした事ない方から、何故かいきなり体験談とかそういう系の話聞くこと多くて疑問に思ってたからさ^ ^;;

http://grecafe.net

 

Re: おっ、ウサ姉ヽ(;▽;)ノおひさっ♪♪

 投稿者:うさ  投稿日:2010年10月 8日(金)23時01分39秒
返信・引用
  > No.1745[元記事へ]

う~ん、うちは母方の血筋という基盤があるんで、あんまり怖いとは感じないらしいわぁw
叔母さんや従妹にも「視える」人がいるの。お伊勢さんの伊藤氏がご先祖で、廃藩置県前は武士階級。シャーマン的気質を持つ先祖がいたのか、屯田兵の子息として北海道に入植した祖父のお兄さんは、成人してから神懸かりになって伊勢に戻り熊野で修行して和歌山でお稲荷さんの神社の宮司やっていたというし、祖父んとこに嫁に来た祖母も霊感が強かったそうだし
ちょっとこの先行けない(警告されてる感じ)時は、素直に言う事聞いて無理に行かなければ悪い事も起きないし(警告無視してたらちょっとヤバかったと後で知ったというのが何度かある)、何か嫌な気配が付いてきてると感じれば「ごめんなさい。あなたの為に自分は何もしてあげられないの。他の人に頼んでね」と心の中で素直に謝っておけば、気配は消えるんだそう。うさは前からそうしてたら、後でテレビに出てたプロの方もほぼ同じ事言うてたわぁ~
 

Re: おっ、ウサ姉ヽ(;▽;)ノおひさっ♪♪

 投稿者:ぐれ  投稿日:2010年10月 7日(木)01時13分39秒
返信・引用
  > No.1744[元記事へ]

すごっ!理論立てて理解してるのねんw
ぐれは何が起きても「気のせいかもしれない!」と思うか「そーゆーこともあるだろう!」的な受け止めしかしてないな^ ^;
大体、うさ姐みたいにハッキリクッキリと見えることなんて滅多ないしねぇ。
薄々何か感じる程度の感度しかないよん。
何か言った?程度聞こえるとかさ、此処に何かいるでしょ?みたいな…
てゆうかそういうのがぶっちゃけハッキリだったら怖ええじゃん!(;´∀`)

http://grecafe.net

 

Re: おっ、ウサ姉ヽ(;▽;)ノおひさっ♪♪

 投稿者:うさ  投稿日:2010年10月 6日(水)11時35分45秒
返信・引用
  > No.1743[元記事へ]

おぉ~さすがぐれ弟、視ましたかぁ~
きっと視えてる人は多いと思うのよ。ただ、あんまりはっきりと見え過ぎて生きてるヒトかそうじゃない方か区別が付かず、あり得ない状況じゃなきゃ気がつかないでいる人も多いんじゃないかねぇ
うさがまだ自覚してなかった頃、同僚の看護婦さんで「川辺の堤防で散歩中人とすれ違い、すぐに振り返ったらいなかったさぁ~」という人がいて、みんなで「すぐに堤防の斜面を下りて行ったんでしょ~。」と結論付けたんだけど、あの人も視えてた口なのかもねぇ

よく、数人で喫茶店に行ったらウェイトレスさんが水のコップを一つ多く誰もいない席に置いていったという話も聞くけど、それはウェイトレスさんに「視えてる」自覚がないんだろね
ぐれちゃにも話たっけ?前に、鉄道上にかかるスロープ状の弧線橋を渡ろうとした時に橋の上をこちらに向かって降りかけて来てる自転車に乗った若いにーちゃんをみつけ、「あ、登り途中ですれ違うな」と思って立ち止まったのに、登り途中の折り返しで一瞬死角になる所に入った自転車のにーちゃんがいつまでたってもこっちに降りて来ない・・・。途中、Uターンすればこちらから見えるし、途中に人が飛び降りれる様な低さの場所はナイ・・・。頭に被った茶色いキャップ、ウールのシャツのチェック模様までくっきり覚えてるでょ・・・

今回、ぐれちゃのおかげでそーいうのは人間だけでなく自転車というアイテムごと「視える」というのが証明?されたわぁ~。うん、ぐれちゃの見たのは「視える」ものの中でも「土地の記憶」のカテゴリーに入る方なのかもねぇ~
 

おっ、ウサ姉ヽ(;▽;)ノおひさっ♪♪

 投稿者:ぐれ  投稿日:2010年10月 6日(水)00時32分39秒
返信・引用
  書き込み(TдT) アリガトウ

オカマの幽霊さんがそんな目立つ格好で現れるのってスゴイ、スゴ過ぎるw

顔までハッキリ見たのは車で路地通ってたとき、結構車が連なってて前から自転車に乗ったお爺さんがふらふらしながらやってくるのが見えたので「危ないなー」って思った次の瞬間にお爺さんはどこにも居なかった^ ^;
こけたのか?と思って心配になったけど通ってる前の車にもそんな様子はないし、きっと細い道へ曲がったに違いない!と思ったけど通り過ぎるときに見たら、お爺さんが居たあたりからぐれが居たあたりまでに道らしきものはなかった。
ウーム、お爺さんが目の前で消えたの怪ですたw(´・ω:;.:...

http://grecafe.net

 

レンタル掲示板
/102